子どもの矯正のこと

お子さまの矯正治療を始めるタイミング

お子さまの矯正治療を始めるタイミング

当院では未就学児のお子さまの矯正治療は積極的に行っていません。1歳健診や3歳健診で反対咬合を指摘されたとのことでご来院されるお子さまもいらっしゃいますが、当院では、その時点で矯正治療を開始することはありません。

お子さまの矯正治療は小学校3年生くらいを目安に開始することをおすすめします。反対咬合や顎がずれている場合のみ、少し早めに治療を開始します。

なぜ早期治療がいいか

歯が生え変わっている時期は、生えてくる歯が動いているので、少しの力を加えるだけで歯の方向が変わります。

早期治療のデメリットとしては、矯正期間が長くなってしまい、お子さまが治療に疲れてしまう場合がある点です。当院では、お子さまが治療に疲れてしまわない配慮を行っています。矯正治療はそのときそのときの達成感で頑張れるものです。

お子さまが詳細な治療期間を把握するのは混乱してしまうこともあります。当院では、「野球で例えると今3回だよ」というようなお話をさせてもらい、お子さまの矯正治療を進めていきます。

お子さまの矯正について前田先生の考え

6歳~11歳

6歳~11歳

小学生のお子さまの矯正治療は本格的な矯正治療の準備段階です。乳歯と永久歯が同時に生えている混合期ですので、簡単な装置を使用した治療を中心に行います。

上下の前歯を整えたり、歯と歯の間にスペースを作ったりすることなどが治療の目的となります。

11歳以降

11歳以降

中学生以降のお子さまの矯正治療は、歯並びやかみ合わせに問題がある場合に必要となります。場合によっては、中学生まで矯正治療を待ってから行うことも可能です。

成長期に入ると、下顎が出てくる時期になります。下顎が出てくることがかみ合わせに良い影響を与える場合(出っ歯)もありますが、悪い影響を与える場合(受け口)があります。

成長過程にあるお子さまの矯正治療は、大人の矯正治療のように「止まっている車を修理する」のではなく、「動いている車を修理する」治療となります。そのため、シミュレーションしていたようには治療が進まないこともあり、慎重な判断が必要となります。
そのために治療を中断して、開始時期を待つ事もあります。

矯正のリスク

部分(前歯のみ)矯正の場合、部分的にしか直らず、口腔内全体を直すことができない場合があります。前歯の歯並びだけを整えても正しいかみ合わせにならないこともあります。

矯正治療におけるリスクも十分に理解していただいた上で、当院では小学校1年生頃から矯正治療の準備をしていただき、小学校3年生から治療を開始するという心構えを持っていただきたいと考えています。
もちろん小学校1年生で開始することもあります。

守ってほしいことが3つあります

  • 1予約の時間に遅れない
  • 2歯みがきをしてから治療を受ける
  • 3治療方針を理解する
診療時間 日・祝
10:00~12:30 / /
14:00~18:00 / / / / / /
16:00~19:00 / / /

休診日 木曜 / 日曜 / 祝日